蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販

[ますよね 楽天][楽天 ますよね][さっぽろ朝市かにおすすめ][ますよね楽天][蟹 通販 楽天][かに通販 おすすめ][タラバガニ 通販][タラバガニ アブラガニ][海の幸なのにyamato][かに 通販 ズワイガニ]



◆ 楽天 → カニなら浜茹で毛蟹 大570g×2尾セット 計1.14kg 送料無料

ボイルしたカニを美味しく食べるポイントをまとめています

※カニの解凍方法はこちら → 冷凍カニ解凍方法



冷凍されたカニの中でも「」で冷凍されたカニと「ボイル」された冷凍カニがあります

ボイルかにの特徴

・ボイル蟹は調理済みなので、そのまま食べることができます
・ボイル蟹には塩味がついています


冷凍ボイルかにの美味しい食べ方

・解凍直後に、キッチンバサミ等で切り分けそのまま食べるのが美味しい食べ方です

・ボイルされたカニを鍋や焼きガニにする場合は過熱のし過ぎに注意しましょう

生のカニと違い調理時間が短くて済むボイルガニは鍋が最後にひと煮たちする頃合いを見計らって入れるのがちょうどよい

カニ鍋、焼きガニともに加熱しすぎると身がボソボソになりカニの旨みがなくなります。


その他のボイルガニの美味しい食べ方

・そのまま食べる
・バターステーキ
・カニの握り寿司
・焼きカニ
・かにしゃぶ
・カニ鍋
・カニ雑炊
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

スーパーや鮮魚店、土産物屋で蟹を選ぶ際のポイントとは

失敗したくない蟹選びのポイントをまとめています。


◆ 毛ガニの選び方

・実際に持ってみてズッシリと重たいもの
・甲羅の固さは固いものでしっかりしているもの
・旬の冬に購入
・信用のあるお店や通販で
※通販サイトで実物を見ることができないので実績のあるショップやレビュー数などを参考に


◆ ズワイガニの選び方

・ズッシリとした重たい大きなもの
・紅ズワイやセコガニと間違わないように
・甲羅、脚に黒いブツブツのついているもの


◆ タラバガニの選び方

・オスで大きいものを選ぶ
・甲羅と脚が硬いしっかりしたものを選ぶ
・旬の冬に購入
・甲羅の色が鮮やかなものを選ぶ


◆ 花咲ガニの選び方

・甲羅がしっかり育っており角の尖ったもの
※取り扱い業者が少ないのが悩みの種
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

毛蟹とは

クリガニ科
別名はオオクリガニ
英語ではHair crab
毛蟹は高級カニとして定着し北海道のお土産の定番として定着しています。
毛蟹の食べごろは一年中で獲れる地域によって水揚げ時期が異なります
毛蟹の調理法で一般的なのは茹で蟹、蒸し蟹

生の毛蟹を購入された時の調理法

・塩分を4%程度にした多めのお湯に甲羅を下にして15-20分程度ゆがきます
・肝心のミソの部分まで火が通らないと臭みが残るのでしっかりと湯がきましょう

楽天のさっぽろ朝市 高水の毛蟹はジャンボ

毛蟹の美味しさといえば脚よりもミソや甲羅の中の蟹肉

ずっしりと重たい毛蟹をチビチビと食べるのが私は好き

タラバガニのような豪快さは少ないですが、蟹本来の旨みは毛蟹が一番

特に蟹ミソの濃厚さには、やられっぱなし


一般的な毛蟹の重さは350-400g前後ですが、さっぽろ朝市 高水の毛蟹はナント!!! 1尾が1kg前後の特大ジャンボ毛蟹

食べごたえ抜群の毛蟹なので満足度が違います

しかも鮮度がいいからミソも旨い

食卓にドーンとあると存在感のある毛蟹で食べる気満々にさせてくれる。

たまの贅沢、これくらいのクラスの毛蟹を食べたってイイんです。


実際にジャンボ毛蟹を買われた方の感想を簡単にまとめています

☆5 とにかく美味しい、解凍方法を失敗して「アチャ~」って思ったんですが、とても美味しい毛蟹です

☆5 素晴らしい、2杯購入しましたがドッシリ感がハンパない堂々の横綱級の毛蟹です。

☆5 安いのに美味しい、塩加減・身入りともに満足しています。

☆5 デカイ、実物を見て怖さを感じるくらいデカイ、味噌のギチギチで食べごたえ十分

☆5 毛蟹ってこんなに大きいものなのか、正月用にとってありますが重さと見た目だけで美味しさが伝わってくる毛蟹です。


楽天市場 → ギフト ジャンボ毛蟹 1尾1kg 超特大 最高ランク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

カニと言えば値段の安価なロシア産のカニが人気で日本の食卓のシェアが7割と独占状態だったのですが

最近では品質やサイズが安定していて品質管理の厳格なアラスカ産のカニが人気になってきています。


このアラスカ産のカニの特徴として漁獲から水揚げ・加工に至るまでの作業を24時間~48時間に終了させ活きたまま生冷凍・ボイル冷凍するなど厳格な管理の元に販売されています。

また、資源保護のためアラスカではメスのカニは一切禁漁になっておりカゴにかかった場合でもすぐに海に戻す、という徹底ぶり。



▼▼▼ アラスカ産のズワイガニが人気のワケ ▼▼▼


・ ズワイガニの捕獲後、活きたまま加工工場に運ぶため鮮度がとにかく高い

・ 水産資源管理がトップレベルなアラスカ産のカニは質・サイズともに安定している



▼ 楽天で人気のアラスカ産ズワイガニ ▼





賞味期限 → 2018年3月~5月

※ 商品の発送時期により異なりますが正確な賞味期限は梱包箱の裏面に記載されていますのでご確認ください

保存方法 → 冷凍保存


そのまま解凍してお召し上がれます。


▼ 冷凍ボイルズワイガニを美味しく食べるには ▼

冷凍したボイルカニを食べる場合、基本的には「冷蔵庫で自然解凍」と考える方が多いのですが、より美味しく食べるには

水が入らないビニール袋(ジプロックなど)に入れて流水解凍が一番美味しい解凍方法

前日から冷蔵庫で自然解凍すると、どうしても蟹の風味が落ちてしまいます。

冷凍ボイルズワイガニを食べる1~2時間前から解凍を始めます

解凍する時のポイントとして

・ カニの様子を見ながら半解凍くらいで流水解凍を止める

・ カニの一部分だけにしか水がかからないよう、時々位置を変えてやる

カニのサイズや量によっても解凍時間は変わってきますが1~2kgの冷凍ボイルガニなら、このくらいの流水解凍時間で良いと思います。


◆ 楽天 → ボイルズワイガニ脚・肩 約2kg(6〜7肩)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote






蟹通販サイトも「早割」や「お歳暮」「年末年始」など色々なキャンペーンを打ち出してきていますね。


毎年の年末年始の楽しみと言えば「カニ食べ放題」を心待ちにしているご家族も多いのではないでしょうか。


今年の蟹商戦の特徴は運送会社の運賃の値上げや年末の出荷制限があげられていますが、すでにニュースなどで報じられていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。


ただ、「北国からの贈り物」さんでは逆風にもめげずお客様に喜んでもらえるように創意工夫されています。


▼ 北国からの贈り物で蟹を注文するメリット ▼


・ 2017年10月~11月20日頃までは蟹全品5%OFFの早割特典

・ 年内配送が12月28日10:00までとギリギリの受付をしてくれる

・ 配送会社の出荷制限を受けていないため安心して年末注文ができる

・ 蟹の価格は上昇傾向になっているが、ほとんどの商品を値上げなく販売している


年末はまだ先」と後伸ばしにしているとアッという間に年末はやってきます


今年の蟹通販選びに迷ったときは「北国からの贈り物があったな~」と今からでもブックマークしておきましょう


▼ 昨年からの改良点 ▼


・ TOPページより売れ筋ランキングが一目で分かるようになっています

・ 画像などを使い商品情報がしっかりと説明されています

・ 蟹特集ページが充実しています

・ お歳暮特集もご案内しています。


▼ 北国からの贈り物 カテゴリー ▼

・ 蟹
・ 海鮮類
・ ラーメン
・ 肉製品
・ 野菜
・ スープカレー
・ スイーツ
・ 民芸品
・ ギフト
・ ハローキティ

送料 全国一律1080円

お買い上げ合計金額8000円以上で送料無料 ※ピンクのL字の帯が目印です。

・ リアルタイムご注文状況が一目でわかります

・ 店長おすすめ商品も充実

・ カニ選びで迷ったらコレッ 定番の人気商品

・ 旬のフルーツ・野菜を送料無料でお届け

・ 蟹のピックアップアイテム

・ 最新情報はフェイスブックでもご覧いただけます。


◆ 北国からの贈り物

↑このページのトップヘ