蟹と言えばクリスマスやお正月に食べる、いわば冬が旬だと思っていたのですが

実は夏が旬の蟹もあります。

幻の蟹と言われており、カニの本場 北海道で買っても物凄く値段の高い蟹が花咲ガニ

北海道に住んでいる方でもなかなかお目にかかれない花咲ガニ

この花咲ガニの漁獲量は非常に少ないため幻の蟹と言われる所以です。

花咲ガニはタラバガニほど大きくなく毛ガニよりは大きい蟹

花咲ガニは蟹ではなくヤドカリの仲間だということですからタラバガニの近縁種になるようです。

どうりでタラバガニのようなゴツゴツとした甲羅がインパクトありすぎ

花咲ガニの漁の解禁は根室が7月から9月、釧路が3月中旬から7月末となっており、まさしく夏が旬の蟹

生の花咲ガニは浅黒い色なのですが、茹で上げると花が咲いたように鮮やかな朱色に変化します。

花咲ガニの身は繊維がギュッとしており口いっぱいに旨みと甘みが広がります

蟹の旨みが強く身がギッシリ詰まっているので脚1本食べるだけで満足感があります

茹でたり焼いたりして食べますが、焼くことで香ばしさが加わり鼻でも口でもご満足いただけると思います。


楽天 → 花咲蟹 700g前後


アマゾン → 花咲がに 700g前後