蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販

カニ 賞味期限,ボイル蟹 賞味期限,カニ賞味期限,茹で蟹 賞味期限,蟹 ボイル 冷凍 賞味期限,さっぽろ朝市 高水,北海道 カニ 通販 おすすめ,カニ食べ放題 楽天,カニ 冷凍 通販

美味しい蟹通販






蟹通販サイトも「早割」や「お歳暮」「年末年始」など色々なキャンペーンを打ち出してきていますね。


毎年の年末年始の楽しみと言えば「カニ食べ放題」を心待ちにしているご家族も多いのではないでしょうか。


今年の蟹商戦の特徴は運送会社の運賃の値上げや年末の出荷制限があげられていますが、すでにニュースなどで報じられていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。


ただ、「北国からの贈り物」さんでは逆風にもめげずお客様に喜んでもらえるように創意工夫されています。


▼ 北国からの贈り物で蟹を注文するメリット ▼


・ 2017年10月~11月20日頃までは蟹全品5%OFFの早割特典

・ 年内配送が12月28日10:00までとギリギリの受付をしてくれる

・ 配送会社の出荷制限を受けていないため安心して年末注文ができる

・ 蟹の価格は上昇傾向になっているが、ほとんどの商品を値上げなく販売している


年末はまだ先」と後伸ばしにしているとアッという間に年末はやってきます


今年の蟹通販選びに迷ったときは「北国からの贈り物があったな~」と今からでもブックマークしておきましょう


▼ 昨年からの改良点 ▼


・ TOPページより売れ筋ランキングが一目で分かるようになっています

・ 画像などを使い商品情報がしっかりと説明されています

・ 蟹特集ページが充実しています

・ お歳暮特集もご案内しています。


▼ 北国からの贈り物 カテゴリー ▼

・ 蟹
・ 海鮮類
・ ラーメン
・ 肉製品
・ 野菜
・ スープカレー
・ スイーツ
・ 民芸品
・ ギフト
・ ハローキティ

送料 全国一律1080円

お買い上げ合計金額8000円以上で送料無料 ※ピンクのL字の帯が目印です。

・ リアルタイムご注文状況が一目でわかります

・ 店長おすすめ商品も充実

・ カニ選びで迷ったらコレッ 定番の人気商品

・ 旬のフルーツ・野菜を送料無料でお届け

・ 蟹のピックアップアイテム

・ 最新情報はフェイスブックでもご覧いただけます。


◆ 北国からの贈り物

見た目がイイからって、すべての蟹が美味しいわけではありませんね。

主婦目線で蟹を選ぶ際は、どこにポイントを絞れば良いのでしょう

スーパーや鮮魚店で蟹を選ぶときは実際に持ってみたり見た目を確認できるのでココをチェックしましょう。


▼ 主婦目線で選ぶポイント1 ▼

ズバリ 甲羅のチェック

・ 甲羅の色が鮮やか
・ 甲羅が固い
・ 甲羅にキズがある

ものが鮮度の良い蟹の見た目

蟹にキズはいらんでしょう? と感じた方も多いのでは

蟹の甲羅のキズは脱皮する時に無くなるものなのですが、更にキズが付いているということは「活動量の多い蟹」と見られ「身が締まった美味しい蟹」と言われています。

カニの甲羅が柔らかいということは「活動量が少ない」=「身がスカスカ」な場合が多いと言われています。

ということは軟弱な甲羅の柔らかいキズの一つや二つを持っていないスベスベなイケメンな蟹は美味しくない可能性が大


▼ 主婦目線で選ぶポイント2 ▼

蟹のお腹の色や香りをチェック

これはなかなか通なカニの選び方のようですね。

蟹は茹でると甲羅が赤くなりますがお腹の色は「少し黄ばんだ白色」が鮮度の良い証

お腹が真っ白のカニや黒ずんでいるカニは避けるようにしましょう。

蟹の匂いは食欲をそそるニオイですが、香りの強い蟹は「鮮度が落ちている」証拠

蟹のお腹をクンクン嗅ぎながら「微かな蟹の香り」ものを選ぶようにしましょう。


▼ 美味しい蟹の見分け方 まとめ ▼

・まずは手に取ってズシリと重たいものを選ぶ

・甲羅は硬くてキズのあるもの

・お腹は少し黄色がかった白色

・蟹の香りの微かなもの

主婦目線で甲羅とお腹を見るだけでも高い確率で鮮度の良い美味しい蟹が見分けられます

蟹の見た目の豪華さだけに惑わされず自分の五感をフルに活用しましょう。


▼ 通販で美味しい蟹を見分けるには ▼

実際に蟹を見たり触ったりできない蟹通販から美味しい蟹を見分けるポイントとは

・ 数千~数万のレビューが付いているカニを選ぶ

・ 最低でも☆4以上の評価の蟹を選ぶ

・ 一度食べて美味しかった蟹通販はブックマークしておく


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ