蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販 蟹通販 楽天

毛ガニ

5月が旬なカニがあるなんて知らなかった

だいたいは冬が旬のイメージが強いカニですが、漁獲される地域によっては5月にも旬なカニが多いんですよ。



北海道以北のタラバガニ

タラバガニの旬は春と秋の二回あります

春のタラバガニは身が甘くてとても美味

秋のタラバガニは身がぎっしりと詰まっています

春の旬は4月~5月で、秋の旬は11月~2月が旬です。

◆ 楽天 → タラバガニ 脚 3Lサイズ 2kg(8〜12本) ロシア・オホーツク海域



北海道オホーツクのズワイガニ

4月~5月は流氷明けになり北海道ズワイガニの旬になります。

この時期のズワイガニは身が甘く格別の味です。

冬が旬のズワイガニは日本海のズワイガニです

◆ 楽天 → 北海道産【大型】ずわいがに 480g×6尾 オホーツク産



北海道の毛蟹

毛ガニは北海道では一年中獲れます

ただ自然保護の観点から地域によって漁獲時期が異なります

5月の毛蟹はクリーミーなカニ味噌が絶品です。

流氷期明けのオホーツク、噴火湾の長万部の毛蟹が旬になります。

◆ 楽天 → 毛ガニ 500g前後×4尾 北海道 オホーツク海産



北海道の花咲ガニ

幻のカニと言われる花咲ガニ

花咲ガニの旬は4月~9月

濃厚な味が特徴の蟹です

◆ 楽天 → 送料無料『超特選 メガ 花咲蟹』(ボイルオス姿1,6キロ以上)北海道


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



美味しい蟹の通販サイトと言えば楽天のさっぽろ朝市 高水のカニが人気なのですが、やっぱり北海道だと魚介類は新鮮なんですね。

1尾570gとボリュームアップした毛蟹が美味い。

しかも北海道産だから味は格別。

寒い地域で獲れた蟹ってどうして美味いんだろうね

身入りもパンパンだし味の王様、毛蟹を食べるなら北海道産が一番美味いんじゃないかな~。

あくまでも個人的な感想ですが・・・同じ値段を出すなら北海道の海産物を選んでしまう。

しかも堅蟹でしょ、上手くないわけがない。

同じ毛蟹でもセリで一番ランクが上の堅蟹だから身入り・大きさ・鮮度はバツグンにいいですね。

蟹は甲羅を開けるまでは得体の知れないものですからね、できるだけ「ハズレ」を引かないように注意したいものです。

その点、堅蟹は脱皮から1年以上経過し身入りが8割以上だって言うんだから、ほぼハズレの心配が無い。

主に高級料亭やお寿司屋さん専用の毛蟹っていうことらしいので安心感が違うね。



◆ さっぽろ朝市 高水 ショップレビュー

総合評価では☆4.44の蟹通販

主に40-50代の男女に人気の蟹通販です。

口の肥えたこの年代に人気があるというで安心感のある蟹通販だと思います。

ご購入者の中には定期購入している方もいるようで蟹の定期購入って・・・羨ましい限りです。

対応が早いし鮮度がイイので購入意欲が湧いてくるショップ。

身入りはほぼ満点に近い身入り

カニミソは・・・これは甲羅を取るまで何とも言えませんが・・・

毛蟹は食べるところが多いので時間をかけてチマチマと身をほぐすのが好きです。

「おっ!!!こんなところにビッシリ」

「ここにも入っている」

など心の中で呟きながら穿り出しています。

◆ 楽天市場 → ジャンボ毛蟹 1尾1kg


◆ 楽天 → さっぽろ朝市 高水

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





世の中には「至れり尽くせり」の蟹通販があるものです。


北海道産の毛蟹を「剥き身のまま」お届けしてくれるのが美食市株式会社さん。


これって北海道ではけっこう経験されている方もいらっしゃると思うんですが知り合いに何度か、この「剥いた毛蟹」をいただいたことがあります。

冷凍の状態で贈られた毛蟹を、そのまま冷蔵庫で解凍して一切手を汚すこともなく、そのままパクリと食べれます。

毛蟹の甲羅の中に剥き身がビッシリと詰まっていてカニ味噌とともに、お口にパクリ。

蟹の殻を剥くのが醍醐味、って方にはちょっと拍子抜けしちゃいそうですが、ゲストが来る予定の時なんかは最高に使いやすい毛蟹の剥き身。

甲羅丸ごとだけど手を使わずに箸だけで食べられるのでお酒のおつまみとして、すごく喜ばれた経験もあります。


初めて見た方は「すいませんね、身だけ剥いていただいて・・・」って恐縮されるんですが「最初から、こういう状態でした」と、教えてあげると大抵の方はビックリされます。

スゴイ、サービス精神って感じですよね。


◆ 「毛ガニむいときました」のメリット

手を汚さずに毛蟹の美味しいところを、すぐに食べれるのだからメリット以外の何物でもないですね。

〇 殻を剥くことなく箸だけで毛蟹の美味しさを丸ごといただけます。

〇 脚肉、身肉、カニみそが均一に盛られているので「ハズレ」がない。

〇 手間なし、質良し、見栄え良し

カニの身を食べ尽くした後は甲羅酒で最後の仕上げ。

日本酒好きでなくても美味しく飲めるのがカニの甲羅酒。

思う存分、カニの余韻に浸ってください。


◆ 北海道産「毛ガニむいときました」

重量 140g
原産地 北海道
賞味期限 冷凍で1か月

〇 販売価格 4,480円

※2個以上のご購入で送料が無料です。

NP後払い手数料無料

代引き手数料無料

毛蟹は7,500円以上で手数料が無料
全国一律送料864円
クール便での配送になります。

その他の商品につきましては商品別に送料、送料無料の条件が変わってきますのでサイト上の「ご注文方法・送料」でご確認ください。


美食市では毛蟹はモチロンのこと鮮度の良いタラバ、本ズワイ、三大カニセット、ウナギ、とらふぐ料理など贅沢な食材が豊富に揃っています。

ご贈答用のカニも承っています

◆ 美食市株式会社 → 北海道産 「毛ガニむいときました。」



こんな記事も注目

記事 → カニ 賞味期限

記事 → カニの栄養の効果・効能は

記事 → 冷凍ボイルガニの美味しい食べ方

記事 → 毛ガニ 食べ方

記事 → ダイエット中のカニ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スーパーや鮮魚店、土産物屋で蟹を選ぶ際のポイントとは

失敗したくない蟹選びのポイントをまとめています。


◆ 毛ガニの選び方

・実際に持ってみてズッシリと重たいもの
・甲羅の固さは固いものでしっかりしているもの
・旬の冬に購入
・信用のあるお店や通販で
※通販サイトで実物を見ることができないので実績のあるショップやレビュー数などを参考に


◆ ズワイガニの選び方

・ズッシリとした重たい大きなもの
・紅ズワイやセコガニと間違わないように
・甲羅、脚に黒いブツブツのついているもの


◆ タラバガニの選び方

・オスで大きいものを選ぶ
・甲羅と脚が硬いしっかりしたものを選ぶ
・旬の冬に購入
・甲羅の色が鮮やかなものを選ぶ


◆ 花咲ガニの選び方

・甲羅がしっかり育っており角の尖ったもの
※取り扱い業者が少ないのが悩みの種
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

毛蟹とは

クリガニ科
別名はオオクリガニ
英語ではHair crab
毛蟹は高級カニとして定着し北海道のお土産の定番として定着しています。
毛蟹の食べごろは一年中で獲れる地域によって水揚げ時期が異なります
毛蟹の調理法で一般的なのは茹で蟹、蒸し蟹

生の毛蟹を購入された時の調理法

・塩分を4%程度にした多めのお湯に甲羅を下にして15-20分程度ゆがきます
・肝心のミソの部分まで火が通らないと臭みが残るのでしっかりと湯がきましょう

楽天のさっぽろ朝市 高水の毛蟹はジャンボ

毛蟹の美味しさといえば脚よりもミソや甲羅の中の蟹肉

ずっしりと重たい毛蟹をチビチビと食べるのが私は好き

タラバガニのような豪快さは少ないですが、蟹本来の旨みは毛蟹が一番

特に蟹ミソの濃厚さには、やられっぱなし


一般的な毛蟹の重さは350-400g前後ですが、さっぽろ朝市 高水の毛蟹はナント!!! 1尾が1kg前後の特大ジャンボ毛蟹

食べごたえ抜群の毛蟹なので満足度が違います

しかも鮮度がいいからミソも旨い

食卓にドーンとあると存在感のある毛蟹で食べる気満々にさせてくれる。

たまの贅沢、これくらいのクラスの毛蟹を食べたってイイんです。


実際にジャンボ毛蟹を買われた方の感想を簡単にまとめています

☆5 とにかく美味しい、解凍方法を失敗して「アチャ~」って思ったんですが、とても美味しい毛蟹です

☆5 素晴らしい、2杯購入しましたがドッシリ感がハンパない堂々の横綱級の毛蟹です。

☆5 安いのに美味しい、塩加減・身入りともに満足しています。

☆5 デカイ、実物を見て怖さを感じるくらいデカイ、味噌のギチギチで食べごたえ十分

☆5 毛蟹ってこんなに大きいものなのか、正月用にとってありますが重さと見た目だけで美味しさが伝わってくる毛蟹です。


楽天市場 → ギフト ジャンボ毛蟹 1尾1kg 超特大 最高ランク


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ