蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販 蟹通販 楽天

[毛がに 通販][通販 タラバガニ][越前かに 通販][カニ通販おすすめ][モクズガニ 通販][かに ますよね][蟹通販 ランキング][カニ お取り寄せ 毛かに][蟹本舗 通販][たらばがに 通販][カニ缶 通販][楽天 カニ][蟹本舗 楽天][花咲き蟹 お取り寄せ][カニ お取り寄せ タラバガニ][ますよね カニ][かにまみれ お取り寄せ][ズワイ蟹 通販][かに本舗 匠本舗 楽天][かに通販][蟹通販おすすめ][カニ 通販 美味しい][ずわい蟹 通販][ズワイガニ お取り寄せ][花咲ガニ お取り寄せ][楽天 タラバガニ][通販カニ]

ズワイガニ




大阪中央卸売市場 食の達人 森源商店


太脚のみ100%のプレミアムずわいがにポーションが美味い


太脚棒肉のみのお届け


更にこのカニはお刺身でも食べられる高鮮度のズワイガニ


蟹のお刺身って食べたことあります?


通常は高級料亭やカニ専門店くらいでしか食べられないでしょうね。


ズワイガニを生で食べられるということは非常に鮮度が良い証拠


茹で蟹や焼きガニとは一味違うモチッとした生のズワイガニをご賞味いただけます。



お刺身用のカニは他店ではなかなかお目にかかれない希少なカニ

職人が1本1本丁寧に殻をむいているので包丁、ハサミいらずですぐに食べられます

食べていても無口にならないで済みます


おすすめの食べ方

お刺身、しゃぶしゃぶ、カニバターなど鮮度がいいので何でもOK


カニポーションの大きさも選べます

・ 特大30本
・ 大40本
・ 中50本


食べた方の感想は

・ 他の激安店よりは多少高いですが中身に満足できます。

・ 蟹ポーションの大きさ、殻のむき具合、味の安定性は群を抜いている

・ お刺身の甘さと旨みのバランスが良い

・ 解凍方法さえ間違わなければ本当に美味しいカニだと思います

・ 殻を剥く手間がないので本当に楽、汚れない。

・ お中元に贈ってとても喜ばれたので自宅用に購入しました。


◆ 楽天 → グルメ大賞受賞!太脚棒肉のみ100%!!お刺身で食べられる プレミアムずわい蟹ポーション


スーパーや鮮魚店、土産物屋で蟹を選ぶ際のポイントとは

失敗したくない蟹選びのポイントをまとめています。


◆ 毛ガニの選び方

・実際に持ってみてズッシリと重たいもの
・甲羅の固さは固いものでしっかりしているもの
・旬の冬に購入
・信用のあるお店や通販で
※通販サイトで実物を見ることができないので実績のあるショップやレビュー数などを参考に


◆ ズワイガニの選び方

・ズッシリとした重たい大きなもの
・紅ズワイやセコガニと間違わないように
・甲羅、脚に黒いブツブツのついているもの


◆ タラバガニの選び方

・オスで大きいものを選ぶ
・甲羅と脚が硬いしっかりしたものを選ぶ
・旬の冬に購入
・甲羅の色が鮮やかなものを選ぶ


◆ 花咲ガニの選び方

・甲羅がしっかり育っており角の尖ったもの
※取り扱い業者が少ないのが悩みの種
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

越前かに問屋「ますよね」さんの元祖カット済生ずわい蟹大盛が人気。

レビュー数35,000オーバーはダテじゃありません。

しかも、これだけのレビュー数がありながら☆評価では☆4.40と高評価の逸品。


2-3人前の生カットズワイガニは食べごたえバツグン。

楽天でポイントが増量の時やクーポンが付いている時は特にお得にお求めいただけます。


リピーターが多く、通販サイトでは信頼度の高いカニ通販だということが分かりますね。


実際に「ますよね」さんでご購入された方の感想は、こんな感じ。

〇 リピーターです、身がたっぷり入っていて食べやすい

〇 3回目のリピート、他店では身がスカスカでガッカリ、浮気せずに毎年ここから買ってます。

〇 カニの身は甘みがあり美味しい、〆の雑炊が、これまた絶品。

〇 贈答用に使いました、メロンをいただいたので「ちょっと安かったかな」と思ったのですが知人は1万円くらいのカニを予想していたようです。

〇 ズワイとタラバを購入、スーパーで買うカニとは比べ物にならないくらいの身入りと美味しさ


◆ 楽天 → かに伝説 元祖カット済生本ずわい蟹大盛1.2kg(総重量1.4kg)][送料無料](2-3人前)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote






味も量もお客様から大好評のカニ食べ放題5kgセット

ご家族、お友達、ご親戚が集まる楽しい一時に食卓をドーンと飾ってくれるズワイガニ足の食べ放題

足折れ、訳あり、業務用としても使われているズワイガニなので贈答用としては向かないかも知れませんが自宅でパクパク、むしゃぶりつくのには最適な食べ放題セット

ズワイガニ足5kg前後

約16-30肩 48-90本のボイル冷凍です


ズワイガニの美味しい部分だけを食べ放題

毛蟹のようにチマチマと食べている場合ではありません。

食べやすいズワイガニの足の部分だけを厳選していますので解凍後にムシャムシャ食べ尽くします

カニ鍋や焼きガニとしても最高に美味しく、カニの色々なレシピにもチャレンジできる容量

カニは遠慮しながら食べるものではありません。

思う存分カニを味わい尽くすなら、やっぱりこれぐらいのサイズは用意しておきたいものです。

お腹いっぱい」「もう無理」と言わせるくらい食らいついていただきたいセット



ズワイガニ本来の繊細で濃厚な旨みが詰まったズワイガニセット

クリスマスやお正月が待ちきれない方にお勧めの食べ放題セットになっています。

カニの美味しい「北国からの贈り物」ではお買い上げ金額合計8,000円以上で送料無料

全国一律 送料1,080円

ズワイガニの他にもタラバガニ、毛蟹、花咲ガニも取り扱っています。

美味しいカニを食べ尽くすなら「北国の贈り物」がオススメですよ~


北国からの贈り物 評価・評判

かに通販、北国からの贈り物さんの気になる評価や評判では好評な理由が分かります

・即日配送にも対応してくれます、年末年始の繁忙期は無理としても誕生日や記念日にカニを食べたいと思い立った時など急ぎの対応をしてくれるのは嬉しくなります。

・エアブラスト凍結で鮮度を保ちます、冷凍ガニの「塩辛さが苦手」という方は一度、北国からの贈り物のカニを食べてみてほしい。

※ブライン凍結とは・・・カニの冷凍方法のひとつで、塩水にカニを入れて凍結させるので塩辛いのは当然です。

・元々はホテルやお土産売り場のカニを卸販売していた会社なので「高品質で安いカニ」を選ぶ職人さんとネットワークで強みの蟹通販

・万が一の返品・交換にも対応してくれる貴重なカニ通販、通常は売りっぱなしの多い蟹通販にあって誠意ある蟹通販だと思います。



北国の贈り物通販は公式サイト、楽天市場店の両ショップからお届けいたします

ご都合の良いショップをお選びの上ご注文をお待ちしております。


株式会社北国からの贈り物 → 
北国からの贈り物

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

▼ 6月22日はカニの日です ▼

1990年に制定されたカニの日は

◆ かに座が6月22日

◆ あいうえお順で「カ」が6番目、「ニ」が22番目

から、この日に決まったそうです。

適当そうな・・・奥が深そうな理由のようですね。






▼ タラバガニにはカニではない ▼


あのカニの王様のようなタラバガニですが、実は「カニではない」衝撃の事実

分類的にはカニ科ではなくヤドカリ科に属しています。

タラバガニの足の本数は8本でカニは10本ということ

これからは「カニ食いてぇ~」という前に「タラバガニ食いてぇ~」ということにしましょう。


◆ 楽天 → 特大タラバ蟹 カニ かに 船上ボイル 船上凍結厳選 1kg 2kg 3kg 5kg



▼ このカニだけは食べないで~ ▼


いつ食べても美味しいカニですが、中には食べてはいけないカニも存在します。

個体によっては致死量を持つほど猛毒を持った毒ガニとは


◆ スベスベマンジュウガニ

名前は美味しそうなのですが猛毒を持っているカニです
ゴニオトキシン・サキシトキシン・ネオサキシトキシン・フグ毒のテトロドキシンを併せ持つ
生息地により成分の構成比や毒量が大きく違います
危険なのは食べた場合のみで触る分には心配ないとされていますが、触りたくないですね。
生息地 → インド洋から西太平洋に分布、日本では千葉県から沖縄県までに生息


◆ ウモレオウギガニ 

カニの部類の中では最強の毒を持つカニとされています。
テトロドキシン・サキシトキシンを筋肉部に大量に含んでいます。
このカニも食べなければ大丈夫ということです。
生息地 → ハワイ・小笠原諸島・屋久島以南の南太平洋とされていますが和歌山県でも発見されており、北上している可能性もあります。
死亡例 → 奄美大島で味噌汁に入れて食べた家族5人中、2人が亡くなっています。


◆ ツブヒラアシオウギガニ

日本ではこのカニを食べて死亡した例が3件報告されています。
食べなければ大丈夫
テトロドトキシン・サキシトキシンの毒性を持っています。
生息地 → インド洋から西太平洋の温暖な地域、死んだサンゴの塊のスキマに生息しています。


どのカニも甲羅部分に特徴があり斑模様や、いつもと違う模様がある場合は食べないようにしましょう。

また食べると危険なのですが触る分には心配が少ないようです

でも私は触りません。

◆ 楽天ブックス → 猛毒生物大図鑑 (ふしぎな世界を見てみよう) [ 長沼毅 ]
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ