蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販 蟹通販 楽天

ズワイガニ






繊細なカニの美味しさを味わえるズワイガニ


地方によっては越前ガニや松葉ガニ、加納ガニなどとも呼ばれるズワイガニ


いつ食べても美味しいズワイガニですが海の領域によって解禁日が決まっています


ズワイガニは資源保護の対象になっていて、ちゃんと法令もあり解禁日以降に水揚げを行っています


解禁日は地域によって異なっています


新潟以北の海域は10月1日が解禁日で漁期は翌年の5月31日まで


富山以西の海域は11月6日が解禁日で漁期はメスの場合は翌年の1月6日、オスの場合は翌年の3月20日まで


ちなみに漁期以外で他の魚と一緒に獲れるズワイガニはちゃんと海に返してあげるのだとか


ズワイガニが食べられる旬の時期はブランドや水域にもよりますが11月から3月ころ


ブランドガニを食べる目的で旅行をするなら、旬な時期の旅行が良いでしょう。



食の達人森源商店のズワイガニポーションはサイズや本数が選べます

ご家族やゲストの人数に合わせてお好みの量を選びましょう

・ 特大30本 ※15本×2

・ 大40本 ※20本×2

・ 中50本 ※25本×2

・ 特特大24本 ※12本×2


楽天 → お刺身で食べられる プレミアムずわい蟹ポーション


アマゾン → 食の達人森源商店 ズワイガニ 折れ棒 ポーション500g



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


カニと言えば値段の安価なロシア産のカニが人気で日本の食卓のシェアが7割と独占状態だったのですが

最近では品質やサイズが安定していて品質管理の厳格なアラスカ産ズワイガニが人気になってきています。


このアラスカ産のカニの特徴として漁獲から水揚げ・加工に至るまでの作業を24時間~48時間に終了させ活きたまま生冷凍・ボイル冷凍するなど厳格な管理の元に販売されています。

また、資源保護のためアラスカではメスのカニは一切禁漁になっておりカゴにかかった場合でもすぐに海に戻す、という徹底ぶり。



アラスカ産ズワイガニが人気のワケ


・ ズワイガニの捕獲後、活きたまま加工工場に運ぶため鮮度がとにかく高い

・ 水産資源管理がトップレベルなアラスカ産のカニは質・サイズともに安定している



▼ 楽天で人気のアラスカ産ズワイガニ ▼





※ 商品の発送時期により異なりますが正確な賞味期限は梱包箱の裏面に記載されていますのでご確認ください

保存方法 → 冷凍保存


そのまま解凍してお召し上がれます。


▼ 冷凍ボイルズワイガニを美味しく食べるには ▼

冷凍したボイルカニを食べる場合、基本的には「冷蔵庫で自然解凍」と考える方が多いのですが、より美味しく食べるには

水が入らないビニール袋(ジプロックなど)に入れて流水解凍が一番美味しい解凍方法

前日から冷蔵庫で自然解凍すると、どうしても蟹の風味が落ちてしまいます。

冷凍ボイルズワイガニを食べる1~2時間前から解凍を始めます

解凍する時のポイントとして

・ カニの様子を見ながら半解凍くらいで流水解凍を止める

・ カニの一部分だけにしか水がかからないよう、時々位置を変えてやる

カニのサイズや量によっても解凍時間は変わってきますが1~2kgの冷凍ボイルガニなら、このくらいの流水解凍時間で良いと思います。


楽天 → 切り目入り茹でずわい蟹大盛り1.2kg(600g×2)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




大阪中央卸売市場 食の達人 森源商店


太脚のみ100%のプレミアムずわいがにポーションが美味い


太脚棒肉のみのお届け


更にこのカニはお刺身でも食べられる高鮮度のズワイガニ


蟹のお刺身って食べたことあります?


通常は高級料亭やカニ専門店くらいでしか食べられないでしょうね。


ズワイガニを生で食べられるということは非常に鮮度が良い証拠


茹で蟹や焼きガニとは一味違うモチッとした生のズワイガニをご賞味いただけます。



お刺身用のカニは他店ではなかなかお目にかかれない希少なカニ

職人が1本1本丁寧に殻をむいているので包丁、ハサミいらずですぐに食べられます

食べていても無口にならないで済みます


おすすめの食べ方

お刺身、しゃぶしゃぶ、カニバターなど鮮度がいいので何でもOK


カニポーションの大きさも選べます

・ 特大30本
・ 大40本
・ 中50本


食べた方の感想は

・ 他の激安店よりは多少高いですが中身に満足できます。

・ 蟹ポーションの大きさ、殻のむき具合、味の安定性は群を抜いている

・ お刺身の甘さと旨みのバランスが良い

・ 解凍方法さえ間違わなければ本当に美味しいカニだと思います

・ 殻を剥く手間がないので本当に楽、汚れない。

・ お中元に贈ってとても喜ばれたので自宅用に購入しました。


楽天 → 超特大 ボイル ずわい蟹 5kg


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ズワイガニが獲れすぎ・・・というより獲り過ぎなの?


兵庫県の但馬地域のズワイガニの漁獲量がすでに割当漁の83.6%に達しているのだとか


天候がよくシケの日が少なく出漁回数が多かったのが原因のようです。


な~んだ、豊漁なら価格も下がるかも、って期待したのですが、そうでもなさそうですね。


苦肉の策として漁の規制が入るようです。


ズワイガニファンとしては、ちょっと残念。





産地証明のタグ付き


厳しい審査で選ばれた松葉ガニです。


いうまでもなく最高の松葉ガニ


タグ付きは伊達じゃありません


年末年始や誕生日の贅沢と言えば蟹


身はギッシリと詰まっておりカニ味噌も当然、濃厚。


贈答用ばかりで贈っているので、たまには自宅で食べ尽くしてみたいです。



◆ 楽天 → 【送料無料!】松葉ガニ1kg前後 1杯



釜茹でのセコ蟹、コッペガニ。


希少な松葉ガニのメスです。


濃厚な内子とプチプチ感の外子が美味い


昔はオヤツ代わりに食べられていましたが最近では貴重な高級品となっているようです。


呼び名がいろいろあって迷うのですが


セコガニ、セイコガニ、コッペガニは松葉ガニのメスのことを呼びます。


◆ 楽天 → 【送料無料!】訳あり釜茹でセコガニ1kg前後(6〜8杯)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

▼ 6月22日はカニの日です ▼

1990年に制定されたカニの日は

◆ かに座が6月22日

◆ あいうえお順で「カ」が6番目、「ニ」が22番目

から、この日に決まったそうです。

適当そうな・・・奥が深そうな理由のようですね。






▼ タラバガニにはカニではない ▼


あのカニの王様のようなタラバガニですが、実は「カニではない」衝撃の事実

分類的にはカニ科ではなくヤドカリ科に属しています。

タラバガニの足の本数は8本でカニは10本ということ

これからは「カニ食いてぇ~」という前に「タラバガニ食いてぇ~」ということにしましょう。






▼ このカニだけは食べないで~ ▼


いつ食べても美味しいカニですが、中には食べてはいけないカニも存在します。

個体によっては致死量を持つほど猛毒を持った毒ガニとは


◆ スベスベマンジュウガニ

名前は美味しそうなのですが猛毒を持っているカニです
ゴニオトキシン・サキシトキシン・ネオサキシトキシン・フグ毒のテトロドキシンを併せ持つ
生息地により成分の構成比や毒量が大きく違います
危険なのは食べた場合のみで触る分には心配ないとされていますが、触りたくないですね。
生息地 → インド洋から西太平洋に分布、日本では千葉県から沖縄県までに生息


◆ ウモレオウギガニ 

カニの部類の中では最強の毒を持つカニとされています。
テトロドキシン・サキシトキシンを筋肉部に大量に含んでいます。
このカニも食べなければ大丈夫ということです。
生息地 → ハワイ・小笠原諸島・屋久島以南の南太平洋とされていますが和歌山県でも発見されており、北上している可能性もあります。
死亡例 → 奄美大島で味噌汁に入れて食べた家族5人中、2人が亡くなっています。


◆ ツブヒラアシオウギガニ

日本ではこのカニを食べて死亡した例が3件報告されています。
食べなければ大丈夫
テトロドトキシン・サキシトキシンの毒性を持っています。
生息地 → インド洋から西太平洋の温暖な地域、死んだサンゴの塊のスキマに生息しています。


どのカニも甲羅部分に特徴があり斑模様や、いつもと違う模様がある場合は食べないようにしましょう。

また食べると危険なのですが触る分には心配が少ないようです

でも私は触りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ