蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販 蟹通販 楽天

蟹の日・蟹旅行




美しい景色と美味しい食べ物がお目当ての旅行

美味しいカニ料理があれば子供も大人も大満足ですね。

温泉に入って地域のブランド蟹に舌鼓


楽天トラベルの蟹食べ放題プラン

層雲峡温泉 層雲峡観光ホテル

下呂温泉 ホテルくさかべアルメリア

登別温泉 ホテル まほろば

むいか温泉ホテル

長崎にっしょうかん

伊東温泉 ホテル ラヴィエ川良

ブリーズベイレイクリゾート河口湖(BBHホテルグループ)

フォレスト・イン昭和館(オークラホテルズ&リゾーツ)

島原唯一の掛け流し海見露天の宿 ホテル南風楼

下呂温泉 紅葉館別館 わん泊亭

登別温泉 名湯の宿 パークホテル雅亭

片山津温泉 ホテル北陸古賀乃井

熱海温泉 熱海ニューフジヤホテル

シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾート

彦根ビューホテル

熱海温泉 ホテル大野屋

神戸 西神オリエンタルホテル

那須温泉 グランドホテル愛寿

三谷温泉 平野屋

越後湯沢温泉 ホテル スポーリア湯沢



▼ 地域別ブランド蟹とは ▼


例えばズワイガニは地域によって呼び名が変わり、その地域のブランド蟹として人気があります

富山県・石川県・福井県 → 越前ガニ・加能ガニ

鳥取県 → 松葉ガニ・隠岐松葉ガニ

島根県 → 松葉ガニ

京都府 → 松葉ガニ・間人ガニ

兵庫県 → 津居山ガニ・柴山ガニ・香住松葉ガニ


▼ 蟹の食べ方で宿泊先を選ぶ ▼


・ 温泉宿で温泉と蟹を楽しむ

・ 一度は食べてみたいタグ付き高級ガニ

・ 満足するまでカニ食べ放題

・ 部屋食でじっくりと蟹と格闘する

・ 高級ホテル・旅館でゆったりとカニ料理

・ 4つ星以上のお食事で心もお腹も大満足


▼ ブランド蟹の一例 ▼


加能ガニ
石川県沖で水揚げされるズワイガニ
青のブランドタグが目印
身はぎっしりと詰まっており食感はふっくらプリプリ、非常に甘みが優れた蟹です



越前ガニ
福井県で水揚げされるズワイガニ
黄色いタグが目印
皇室に献上される唯一の蟹です
漁場が寒流と暖流がぶつかるため身が引き締まり甘みが強いのが特徴の蟹です


楽天トラベル → 【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

▼ 6月22日はカニの日です ▼

1990年に制定されたカニの日は

◆ かに座が6月22日

◆ あいうえお順で「カ」が6番目、「ニ」が22番目

から、この日に決まったそうです。

適当そうな・・・奥が深そうな理由のようですね。






▼ タラバガニにはカニではない ▼


あのカニの王様のようなタラバガニですが、実は「カニではない」衝撃の事実

分類的にはカニ科ではなくヤドカリ科に属しています。

タラバガニの足の本数は8本でカニは10本ということ

これからは「カニ食いてぇ~」という前に「タラバガニ食いてぇ~」ということにしましょう。






▼ このカニだけは食べないで~ ▼


いつ食べても美味しいカニですが、中には食べてはいけないカニも存在します。

個体によっては致死量を持つほど猛毒を持った毒ガニとは


◆ スベスベマンジュウガニ

名前は美味しそうなのですが猛毒を持っているカニです
ゴニオトキシン・サキシトキシン・ネオサキシトキシン・フグ毒のテトロドキシンを併せ持つ
生息地により成分の構成比や毒量が大きく違います
危険なのは食べた場合のみで触る分には心配ないとされていますが、触りたくないですね。
生息地 → インド洋から西太平洋に分布、日本では千葉県から沖縄県までに生息


◆ ウモレオウギガニ 

カニの部類の中では最強の毒を持つカニとされています。
テトロドキシン・サキシトキシンを筋肉部に大量に含んでいます。
このカニも食べなければ大丈夫ということです。
生息地 → ハワイ・小笠原諸島・屋久島以南の南太平洋とされていますが和歌山県でも発見されており、北上している可能性もあります。
死亡例 → 奄美大島で味噌汁に入れて食べた家族5人中、2人が亡くなっています。


◆ ツブヒラアシオウギガニ

日本ではこのカニを食べて死亡した例が3件報告されています。
食べなければ大丈夫
テトロドトキシン・サキシトキシンの毒性を持っています。
生息地 → インド洋から西太平洋の温暖な地域、死んだサンゴの塊のスキマに生息しています。


どのカニも甲羅部分に特徴があり斑模様や、いつもと違う模様がある場合は食べないようにしましょう。

また食べると危険なのですが触る分には心配が少ないようです

でも私は触りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ