蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販 蟹通販 楽天

[毛がに 通販][通販 タラバガニ][越前かに 通販][カニ通販おすすめ][モクズガニ 通販][かに ますよね][蟹通販 ランキング][カニ お取り寄せ 毛かに][蟹本舗 通販][たらばがに 通販][カニ缶 通販][楽天 カニ][蟹本舗 楽天][花咲き蟹 お取り寄せ][カニ お取り寄せ タラバガニ][ますよね カニ][かにまみれ お取り寄せ][ズワイ蟹 通販][かに本舗 匠本舗 楽天][かに通販][蟹通販おすすめ][カニ 通販 美味しい][ずわい蟹 通販][ズワイガニ お取り寄せ][花咲ガニ お取り寄せ][楽天 タラバガニ][通販カニ]

カニは生やボイル、冷凍なので解凍したりして賞味期限や保存方法も異なります

かにの賞味期限や保存方法を正しく知ることで安全で美味しいカニを食べましょう


◆ カニを食べるのに便利な道具たち


※参照 → カニピーラー

※参照 → キッチンバサミ おすすめ

※参照 → カニフォーク・カニスプーン



◆ 生かにの賞味期限


・ゆで時間 タラバガニ約15分、その他のカニは約15-20分程度
茹で上がり後は新聞紙・キッチンペーパー・ビニール袋に入れて冷蔵庫へ

・保存期間の目安

冷蔵庫の場合 2-3日程度
冷凍庫の場合 1か月程度


◆ ボイルガニの賞味期限

保存方法 ラップで3重に包んで冷蔵庫、冷凍庫で保存

一度茹でてあるボイルガニを茹でなおすとエキスが抜けてカニの美味しさが損なわれます

・保存期間の目安
冷蔵庫の場合 約2日間くらい
冷凍庫の場合 約3日間くらい

※生のカニと違いボイルガニは日持ちがあまりしませんので注意が必要です

※ボイル蟹の食べ方はこちら → ボイル蟹の美味しい食べ方



◆ 冷凍ガニの賞味期限

保存方法 新聞紙やラップを使い密閉保存がお勧めです

・保存期間の目安
冷凍庫で約2-3週間

※冷凍ガニの保存には冷蔵庫は向いていませんので必ず冷凍庫で保存しましょう



※冷凍カニの解凍の仕方はこちら → 冷凍がにの解凍方法


▼ 美味しい蟹通販のおすすめ店は ▼

◆ 蟹を食べるなら 【かに本舗】


◆ かに通販専門マルゲン本店


◆ おとりよせランキングNo1【毛ガニむいときました。】


◆ 【かにまみれ】北海道近海で獲れた海産物を全国へ直送


◆ 美味しいカニの通販サイト!浜海道




▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → カニの栄養の効果・効能は

参照 → 海の幸なのにyamatoのタラバガニがうまいわけ

参照 → 毛ガニ 食べ方 楽して毛蟹を食す

参照 → 知らないと損する冷凍カニの解凍の仕方

参照 → ボイル冷凍カニの食べ方


スーパーや市場で蟹を買う時はなんとなく、その時の気分や予算に応じてカニを選ぶのですが


蟹通販でカニを注文する時は「どのくらい」が目安なのだろうか。


全品ワケナシ納得品質の「かにまみれ」では注文量の目安も載っていますので参考に。


あくまでも平均的な目安になっていますので食べ盛りのお子さんがいる場合は+1人前のご注文がお勧めです


毛ガニ400g前後

一人 1~2杯、二人 2~3杯、三人 3~4杯、四人 4~5杯、五人 5~6杯


毛ガニ650g前後

一人 1杯、二人 1~2杯、三人 2~3杯、四人 3~4杯、五人 4~5杯


毛ガニ1kg前後

一人 1杯、二人 1杯、三人 1~2杯、四人 2~3杯、五人 3~4杯


ズワイガニポーション棒

一人 500g、二人 1.0kg、三人 1.5kg、四人 2.0kg、五人 2.5kg


タラバガニ脚

一人 1肩、二人 1~2肩、三人 2~3肩、四人 3~4肩、五人 4~5肩









▼ かにまみれの特徴 ▼

新鮮な4大蟹を中心に北海道近海で獲れた海産物を全国へ直送いたします。

・市場にあまり出回らない流通希少の業界最高水準「4特」ガニをチルド発送

・他店がやりたがらない未冷凍(チルド)は浜茹での風味そのまま

・過去に「安かろう悪かろう」で苦い経験をしたお客様からの支持多数

今年は蟹の水揚げ量が去年の半分以下になっており年末に向け市場の流通量が激減するため在庫切れする店舗が続出することが予想されます。

しかし当店では独自ルートにより相当数の商品確保を行って参りますので比較的品切れによる失注の心配はございません。

【かにまみれ~北の国から直送便】



◆ ご注文はこちら → かにまみれ




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

▼ 左側がアブラガニ 右側がタラバガニ ▼


 


以前にタラバガニの偽物として汚名を着せられていたアブラガニ


タラバガニが枯渇している最近では、アブラガニの市場拡大に注目が集まっています。


アブラガニはヤドカリの仲間でタラバガニの近縁種にあたるという。

価格もタラバガニよりも30-40%とも安いとあってコスパを考える方にとっては救世主のようなアブラガニ

アブラガニの食味調査では旨み成分に差異はみられなかった。

タラバガニの偽物=アブラガニという汚名返上のためにも頑張ってもらいたいものです。


このままタラバガニの高騰が続いてしまうと富裕層のみの食材にもなりかねない危惧がありカニを食べる食文化にも支障をきたす。

ちなみにタラバガニの高騰に連動する形でアブラガニも価格が上がっているのですが、それでもタラバガニの2/3程度の価格帯で推移しているという。

まぁ見た目もソックリだし味も差が少ないのであれば家庭でお腹一杯カニを食べるチャンスかも知れませんね。


ところでアブラガニとタラバガニの見分け方ってあるのでしょうか・・・という質問に

初心者レベルで簡単に見分けるには甲羅部分の4本の突起(トゲ)がアブラガニ、6本のトゲがあるのがタラバガニ。

※甲羅の真ん中部分にあります

甲羅がついていない脚の部分だけで見分ける場合は・・・

タラバガニの脚の裏側を見るとオレンジ、赤系でベタ塗りの状態
※先端の脚部分はベタ塗りの赤色

アブラガニの場合はオレンジと白のまだらになっています。
※先端の脚部分が赤と白のまだら


◆ 楽天 → . ボイルあぶらがに姿1.6kg前後(約3人前〜)

◆ 楽天 → 【送料無料】タラバカニ姿約1キロ前後

美味しい蟹の通販サイトと言えば楽天のさっぽろ朝市 高水のカニが人気なのですが、やっぱり北海道だと魚介類は新鮮なんですね。

1尾570gとボリュームアップした毛蟹が美味い。

しかも北海道産だから味は格別。

寒い地域で獲れた蟹ってどうして美味いんだろうね

身入りもパンパンだし味の王様、毛蟹を食べるなら北海道産が一番美味いんじゃないかな~。

あくまでも個人的な感想ですが・・・同じ値段を出すなら北海道の海産物を選んでしまう。

しかも堅蟹でしょ、上手くないわけがない。

同じ毛蟹でもセリで一番ランクが上の堅蟹だから身入り・大きさ・鮮度はバツグンにいいですね。

蟹は甲羅を開けるまでは得体の知れないものですからね、できるだけ「ハズレ」を引かないように注意したいものです。

その点、堅蟹は脱皮から1年以上経過し身入りが8割以上だって言うんだから、ほぼハズレの心配が無い。

主に高級料亭やお寿司屋さん専用の毛蟹っていうことらしいので安心感が違うね。





◆ さっぽろ朝市 高水 ショップレビュー

総合評価では☆4.44の蟹通販

主に40-50代の男女に人気の蟹通販です。

口の肥えたこの年代に人気があるというで安心感のある蟹通販だと思います。

ご購入者の中には定期購入している方もいるようで蟹の定期購入って・・・羨ましい限りです。

対応が早いし鮮度がイイので購入意欲が湧いてくるショップ。

身入りはほぼ満点に近い身入り

カニミソは・・・これは甲羅を取るまで何とも言えませんが・・・

毛蟹は食べるところが多いので時間をかけてチマチマと身をほぐすのが好きです。

「おっ!!!こんなところにビッシリ」

「ここにも入っている」

など心の中で呟きながら穿り出しています。

◆ 楽天市場 → ジャンボ毛蟹 1尾1kg 超特大 最高ランク

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

お中元の時期は相手の贈るべき時期が異なるため、お中元を贈る際は注意が必要です

一般的に東日本と西日本ではお中元の贈る時期が異なり例外的な地域もあります


東日本 → 東北・関東・北陸は7月1日~7月15日

西日本 → 東海・関西・近畿・中国・四国・九州は7月15日~8月15日

北海道 → 7月15日~8月15日


お中元を贈る時期を逃してしまった場合の「のし」の表記はお中元から「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」とします。

東日本 → 暑中お見舞い 7月16日~8月7日頃まで

東日本 → 残暑お見舞い 8月7日以降

西日本 → 残暑お見舞い 8月16日以降





夏のお中元選び

毎年、お世話になっている会社の上司や知人、ご親戚などギフト選びも大変です。

無難なところで調味料や洗剤セット、ビールセットが人気のようですが、今年はタラバガニを贈ってみてはいかがでしょう。



お中元夏グルメとしてもお勧めな特大タラバガニ

2kg以上のお買い上げでお得なクーポンもゲットできます。

ここのタラバガニが選ばれているワケ

獲れたばかりのタラバガニを船上ボイル → 急速凍結しているのでタラバガニの鮮度を保ったまま食卓に届けてくれます。

「浜茹で」よりも新鮮な船上ボイル+船上冷凍なので美味しさが断然違ってきます。


▼ カニは鮮度が命 ▼

船に揺られてカニに余計なストレスを与える前に船の上でボイルと冷凍をしてしまうのが一番鮮度がいい。

しかも身入りの大きさにこだわって買い付けしているので食べごたえもバツグン。


冗談のような本当の話

「茹でたカニはいつ茹でたか分からないから買うんじゃないよ」とアドバイスしてきた・・・

低レベルで、まともに聞く話じゃない。

よく水槽第一主義のような業者さんがいますが水槽は海ではありません。

水槽にいるカニはパフォーマンス用に飼われているケースが多く、漁獲から1~2週間前に入荷している可能性があります。

更に狭い水槽なら最悪で衛生的にも良い環境とは思えない。

活きガニが新鮮、というのはあまり充てになりません。


ではどのようなカニが鮮度がいいかというと・・・

・活きたカニかどうか

・獲れてから茹でるまでの時間

・茹でてから口に入るまでの時間

・保管や発送の状態

で決まることが大きい

この、どれか一つでも欠けると鮮度はドンドン落ちていきます。

なので「茹でる」「冷凍」をスピーディにすることで鮮度が保たれたまま食卓に届くのが一番。

このような理由から船上ボイルや船上凍結が重要なポイントかが分かるかと思います。


◆ 楽天 → 【お中元のし対応】 特大 たらばがに 脚 3肩前後入 2kg


◆ 楽天 → カニ 特大 ずわいがに 脚 3.0kg (3L・4Lサイズ)


◆ 楽天 → お中元 毛ガニ セット 活毛ガニ 3〜4尾 (1.2kg前後) 北海道産

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ