蟹 かに カニ crab 通販 おすすめ

通販からカニをご購入する際のおすすめショップと美味しいカニの食べ方をまとめています。かに カニ 蟹通販 蟹通販 楽天


香住ガニは、かすみがに、と読みます


名前は見たことはあるけど、どういった蟹か分からないという方も多いのではないでしょうか


香住ガニは香住漁港で水揚げされた紅ズワイガニのことをいいます。


香住ガニは比較的、深い500m~2500mに生息している蟹で


ミネラルたっぷりの海洋深層水で育った蟹


香住ガニの味の特徴は甘みが強い紅ズワイガニで、とても瑞々しいのが特徴の蟹です。






兵庫県香住港で水揚げされた香住紅ズワイガニ


身入りの良い蟹で美味しく食べれるのですが、カニミソがスープのようになっていて少し残念


紅ズワイガニは値段が安いのが多く身入りは期待できないこともあるのですが

香住紅ズワイガニは蟹の身の味が甘くて美味しい、食べごたえもあります


蟹の爪部分以外は手で殻が割れて食べやすかった

やはりカニミソは汁状になっていました。


思っていた以上に蟹の大きさも大きく食べごたえのある蟹

このお値段で美味しい蟹をいただくことができました。

カニミソは少し緩くなっている部分もありカニミソが目当ての人にはお勧めできないかも

ゆで汁が入るようです。


◆ 楽天 → 【送料無料!】【紅ズワイガニ】釜茹で香住紅ズワイガニ(特大800g前後)1杯


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote





◆ 北海道産 「毛ガニむいときました。」



カニには毛蟹やタラバガニ、ズワイガニなどの種類があり食べ方もひと工夫が必要です。

カニを安全に美味しく食べる食べ方をまとめています


毛蟹の解凍・茹で方

・冷凍された毛蟹は冷蔵庫で自然解凍します
※室温や電子レンジでの解凍はしないようにしましょう

・冷蔵庫内に毛蟹おいて解凍する場合は腹を上に向けて解凍します

・解凍時間の目安は約24時間
※冷凍カニの解凍の仕方はこちら → 冷凍カニの解凍方法

・毛ガニの茹で方は大き目の鍋に水を入れて3-4%の塩を入れ沸騰させます、塩水が沸騰したら毛ガニの腹を上にして鍋に投入
毛蟹を入れて再沸騰後15-20分程度が目安とされています


毛蟹の解体の仕方

毛蟹はトゲがあるので解体するときは軍手やゴム手袋を着用しましょう

キッチンバサミ・包丁を用意しておきましょう

脚の付け根の柔らかい部分にキッチンバサミを入れて10本の足を切ります

胴体裏にある前掛け(フンドシ)を外します※裏側の三角形の部分

前掛けの先端部に親指をかけて取り外すことができます

前掛けを外したら胴体から甲羅を取り外します


毛蟹の身の取り出し方

脚部分 → 両端にキッチンバサミで切り込みを入れて殻を一面だけ外せば身を取り出しやすくなります
※表面はトゲが多いので裏面に切り込みを入れましょう

胴体部 → カニ味噌を甲羅など別に移してから脚の付けね部分に切り込みを入れることで食べやすくなります


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote




カニには毛蟹・タラバ・ズワイ・花咲ガニなどの種類があり殻の固いものが多い

安全に美味しくカニを食べる際に参考にしてください。


タラバガニの捌き方

タラバガニを食べる際は「脚」と「胴」を切り離しましょう
キッチンバサミがあると作業がはかどります。

タラバの足を広げ脚の付け根部分にある柔らかい場所にキッチンバサミ・包丁を入れて切り離します

甲羅の裏側に三角形の形をした「フンドシ」がありますので先端に親指を入れて取り外します

甲羅を外します

甲羅内にある白くてビラビラしたものが「ガニ」と呼ばれる部分で食べられる部位ではありませんので、ひとつひとつ取り除きます
※ガニには寄生虫や菌類が繁殖している場合もあります


タラバガニの身の取り出し方

切り離した脚を関節部からキッチンバサミ等で切り離します

キッチンバサミを入れる際はトゲの多い赤い面は切りづらくなっています。
トゲの少ない面からハサミを入れましょう

切れ目をしっかりと入れておけばタラバガニは一番食べやすいカニかも知れませんが殻やトゲが硬いので注意が必要です。

胴体は真ん中から縦に包丁を入れて二つに分けておきます
胴体部分も白い部分にハサミで切れ目をいれます
胴体部分は切れ目を数本入れておくと身が取り出しやすくなります。


タラバガニの茹で方

タラバガニを茹でる際はミソは取り除いておきましょう
他のカニと違いタラバガニのミソは美味しくなく一般的にあまり食べられないことが多いようです。
タラバガニのミソがついた状態で茹でると美味しさが半減すると言われています。

タラバガニがしっかりと入る大きな鍋を用意します
水1リットルに対して塩15gを投入して沸騰させます
タラバガニの甲羅を下にして再沸騰後、約18分前後が目安になります
茹で上がり後に軽く水洗いして完成です。



◆ 楽天 → 特大タラバ蟹 カニ かに 船上ボイル 船上凍結厳選


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

蟹を選ぶ際のポイントとして姿・形・重さなどは重要なポイントですが、もう一つ重要なのが流通経路。


いくら立派で美味しそうな見た目でも流通の段階で時間がかかってしまったり何度も解凍と冷凍を繰り返してしまっては美味しくないカニになってしまいます。

スーパーやデパートで売られているカニは、お店の信用で買う場合が多く「お店任せ」な部分もありますので信頼のおけるお店選びが重要になります。

通販サイトからの購入の場合も、やはりショップの信頼度が重要です。


一般的なカニの流通経路は

海から蟹を獲る → 茹でる → 冷凍にする → 出荷・販売

の流通経路になります。


ここで重要なポイントは「獲れてから茹でるまでの時間

カニは傷みやすいので死んだカニをそのままにしておくと黒くなり味が悪くなります。

浜茹で」と表記されているカニは水揚げされてからすぐに茹でていますので鮮度の劣化が少ないカニです。


最近の業務用の冷凍庫は-80℃の超低温の冷凍庫で冷凍されていますので品質の劣化はほとんどありません。
ですが2年以上冷凍しているカニは冷凍焼けするそうです。

店頭販売しているカニも注意が必要です。
冷凍カニを常温解凍している店舗には注意しましょう
売れ残ったカニは再冷凍されることもあります。


カニの美味しさは、その扱い方によって味は大きく変わります

できるだけ獲れたてをすぐに茹でて冷凍しているような通販選びが美味しいカニを扱っているポイントの一つとも言えます。

店舗からカニを買う場合も通販からカニを買う場合も、やはりショップの信頼度は重要なポイントになります。

カニの実物を実際に見れない通販からカニを買う場合は、流通経路にも注目して通販選びをしましょう。


◆ 美味しいカニ通販のおすすめ


かにまみれは「訳ありカニ」の取り扱いをしていない蟹通販
ご贈答用にカニを選ぶ際はお勧めの蟹通販です。
【かにまみれ】北海道近海で獲れた海産物を全国へ直送


北海道網走水産は40年超の実績があるカニ通販
オホーツク海の海の幸に定評のある会社で大型冷凍庫の保有や鮮度の高いレベルを保つための環境整備に力を入れている水産会社
蟹専門店の北海道網走水産



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote





◆ カニ本舗 → 蟹の匠本舗




カニは生やボイル、冷凍なので解凍したりして賞味期限や保存方法も異なります

かにの賞味期限や保存方法を正しく知ることで安全で美味しいカニを食べましょう


◆ カニを食べるのに便利な道具たち


※参照 → カニピーラー

※参照 → キッチンバサミ おすすめ

※参照 → カニフォーク・カニスプーン



◆ 生かにの賞味期限


・ゆで時間 タラバガニ約15分、その他のカニは約15-20分程度
茹で上がり後は新聞紙・キッチンペーパー・ビニール袋に入れて冷蔵庫へ

・保存期間の目安

冷蔵庫の場合 2-3日程度
冷凍庫の場合 1か月程度


◆ ボイルガニの賞味期限

保存方法 ラップで3重に包んで冷蔵庫、冷凍庫で保存

一度茹でてあるボイルガニを茹でなおすとエキスが抜けてカニの美味しさが損なわれます

・保存期間の目安
冷蔵庫の場合 約2日間くらい
冷凍庫の場合 約3日間くらい

※生のカニと違いボイルガニは日持ちがあまりしませんので注意が必要です

※ボイル蟹の食べ方はこちら → ボイル蟹の美味しい食べ方



◆ 冷凍ガニの賞味期限

保存方法 新聞紙やラップを使い密閉保存がお勧めです

・保存期間の目安
冷凍庫で約2-3週間

※冷凍ガニの保存には冷蔵庫は向いていませんので必ず冷凍庫で保存しましょう



※冷凍カニの解凍の仕方はこちら → 冷凍がにの解凍方法


▼ 美味しい蟹通販のおすすめ店は ▼

◆ 蟹を食べるなら 【かに本舗】


◆ かに通販専門マルゲン本店


◆ おとりよせランキングNo1【毛ガニむいときました。】


◆ 【かにまみれ】北海道近海で獲れた海産物を全国へ直送


◆ 美味しいカニの通販サイト!浜海道




▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → カニの栄養の効果・効能は

参照 → 海の幸なのにyamatoのタラバガニがうまいわけ

参照 → 毛ガニ 食べ方 楽して毛蟹を食す

参照 → 知らないと損する冷凍カニの解凍の仕方

参照 → ボイル冷凍カニの食べ方


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ